もう一段階写真映えさせる撮影のコツ

プロに1歩近づく撮影方法

>

室内で人物を撮影する時のワンポイント

夜間に室内での人物撮影をする際は

まず、夜間に室内で人物を撮影する場合ですが、フラッシュを使用する場合は人物に近づきすぎると顔に光が反射して白く光ってしまいます。
かつ、背景までの距離が遠いため、背景が暗く写ってしまいます。
かといって、被写体から距離を取り過ぎてしまうと暗くなってしまうので、適度な距離を取ることが大事です。
これをフラッシュ撮影可能距離と呼びますが、カメラによって違うので、説明書を読んで自分のカメラのフラッシュ撮影距離を把握しておきましょう。
また、縦位置で人物を撮影する場合はカメラを縦位置にする場合がありますが、そのような場合はレンズの上側にフラッシュがくるようにしてカメラを構えると良いです。
フラッシュがレンズの下側にあると、光が下から照射されるため、後ろに強い影が出てしまいます。また、下から光を受けることで人物の写り方も不自然な感じになってしまいます。

ワイヤレスフラッシュを使ってみよう!

カメラのフラッシュ撮影可能距離について、夜間に室内で集合写真を撮りたい場合は、どうしても全体を撮影するために距離を取らざるをえません。
また、カメラによってはフラッシュの光が届かない距離まで下がらなければなりません。

このような場合は、カメラの感度を高くすることで対処すると良いですよ。

それでも難しい場合は、別途フラッシュを準備する必要があります。
ワイヤレスフラッシュというものがあります。
カメラの内蔵フラッシュでは光が十分でない場合に、増灯用に使えるもので、カメラ本体もしくは三脚に取りつけて使用します。

取り付ける際は天井に向けて、部屋全体が明るくなるような角度で取りつけましょう。
別売りのフラッシュを使用するなんてプロのようですが、価格は安いものでは5000円くらいから購入可能なので、室内での撮影が多い方は持っておいて損はないでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る